まこ亜美(セラムン)とフェイはや(なのは)を中心にSSやらを扱っています。 百合発言などがあるので、苦手な方はバックすることをオススメします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アインスもいるよ

拍手で「やたらはやてのことばっかり気にかけてる雷刃に王が何となくイライラしてるといい」みたいなのをいただいたので、思わずやってしまったSS

小ネタにしようと思ってたらちょっと長くなっちゃいましたけど
そして突発的だったのでgdgdです…

相変わらず設定に沿っているようでところどころ無視という感じですが
それでも良い方はつづきからドウゾ



「はい!大きな声で『ごめんなさい』や!」

消えゆく体で最後に聞いた言葉
僕の行いではなく、僕の発言を謝罪させるためだけに戦った人
迷いのないまっすぐな瞳が、僕を射抜いた。




[手段が目的]




「夜天の主!今度こそ決着をつけるぞ!!」
「ちょお、また来たんか。…というかなんでまだいるんや」

庭に立つ青い髪の少女がこちらにビシィ!っと人差し指を向けて立っている
あの日以来、何故かこうしてやってくるのだった。

「夕飯の支度してるんよ。だからもうちょい待ってぇな。」
「そ、そうか、なら仕方がない。待っててやろう」

そんなことを言って少女はちょこんと地面に座り込んだ
背中を向けているがこちらが気になるらしく、どこか落ち着きがない

「そや、一緒にご飯食べるか?」
「そうやって僕を取り込む魂胆だな!?そんなのに僕がだまされるとでも…」

そこでぐーという軽快な音が最後の言葉をかき消した。

「決まりやね。それにみんなで食べたほうがおいしいやんか」

笑って手招きすると、警戒するようにゆっくりと家に入ってきた








「みんな、仲良く食べるんよ」
「はい、シグナム」
「ああ、すまんなシャマル」
「あ!それあたしの唐揚げだぞ!」
「これはもう僕のだもんねー」
「すまんなヴィータ。あ、ほら…代わりに私の唐揚げをやるから許してやってはくれまいか」
「……お前たちは静かに食えんのか」

ガヤガヤと賑やかな食卓
フェイトちゃんそっくりのマテリアルはすんなりと八神家に溶け込んでいた
初めのうちこそシグナムやヴィータはあまりいい顔をしなかったが、徐々に打ち解けることができたようだった

「そうや、きみはなんて名前なん?いつまでもそっくりな子と呼んでるわけにもいかんし」
「なまえ…?」
「そうや」
「僕に名前なんてものはない…呼びたければ好きに呼ぶがいいさ」

本人はカッコつけて言ったのだろうけど、頬にご飯粒をつけていては全く様にならない
とってあげると、顔を赤くしてそっぽを向かれてしまった
こういう少し抜けている部分はフェイトちゃんにそっくりだ

「でも、困りましたね~」
「確かになぁ。何でもいいが一番困るんやけどな」
「なかなか良い名というのは浮かんでこないものですし」
『…雷刃』
「お?それ意外にええんちゃ…ぅう!?」

声のした方に顔を向けると、モニター越しに自分そっくりなマテリアルと目があった
なんだかとても不機嫌そうな表情でこちらを一瞥すると、雷刃と呼ばれた青髪の少女を見る

「あ、おー なんか用かい?」
「雷刃、うぬは何故我が映し身の住処におるのだ?」
「んぐ?決着をつけにきたに決まってるだろ。もぐもぐ」
「…ならば何故飯を食うておる」
「うまいからいいじゃないか」
「黙れ!」

「急に出てこんでほしいわ。というかまーた私がニセモノみたく言うてるし…」

小さい声で愚痴ると、ギロリと睨まれた。
私が何したっていうんや


『「王」少し黙ってください。…「力」も、そろそろ戻ってきてください』

そのまましばらく続くかと思ったいがみ合いも、なのはちゃん似のマテリアルによって終止符がうたれた。
内部情報を晒してどうするのです。という一言に、流石の王もまずいと思ったのかしぶしぶ引き下がっていった。






「じゃあ、僕は帰る。決着はまた今度つけるからな!逃げるなよ!?」
「逃げへんから。また、遊びにきてや」
「僕は遊びにきたワケじゃない!」
「はいはい。決着つけに、な?」
「……まぁ、その、たまにならまたご飯食べてやってもいいぞ」

「ったく素直じゃねーなー」
「まったくだ」
「あらあら、可愛いくていいじゃない」
「そう、なのか?」
「…知らん」

いつのまにか家族総出での見送りとなっていた。
皆に見られているのが恥ずかしかったのか、早々に空に上がった雷刃はその姿に恥じぬ速さで雲に消えていってしまった。

次がいつになるかはわからないが、その時はいっぱいごちそうを作ってあげよう
そう思うと次が楽しみでしかたなかった


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

アジル

Author:アジル
好きなことを好きなだけ!
そんなような形ができつつある今日この頃です。
絶賛亀更新中
何かあればツイッターまで

セラムン(まこ亜美)となのは(フェイはや)のSSあります
nib-makoami.gif nib-minarei.gif

リンクはほぼフリー

FC2カウンター
次のキリバンは35000です
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。