まこ亜美(セラムン)とフェイはや(なのは)を中心にSSやらを扱っています。 百合発言などがあるので、苦手な方はバックすることをオススメします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぅおめでとー!!

滑り込み!!滑り込みと言って!!

はやてさんお誕生日おめでとう!!
大好きだ!
叫ばずにはいられないな!


というわけでフェイはやSSあるよ!
きっとこんなに遅いのはうちだけだろう…ぶっちゃけアウトだし…
そして誕生日なのにクオリティー低い気が…




「はやてちゃんお誕生日おめでとう!」
「おぉ、なのはちゃんおおきに」

いつもの大らかな声。少し茶化そうと軽く質問を投げかける

「もしかして私一番だったり?」

けれど

「あー残念。二番や」

笑っているのに悲しそうな声。
嫌な予感に口が動いてしまった。

「え?その、一番は…誰なの?」
「ん?一番はな、」

続きに上がる名前が彼女であってほしい。
はやてちゃんを奪ってしまいたいと思っているのに、気がつけばそんなことを祈っていた。
…なのに

「ヴィータたちや。一番で喜んどったなぁ」

案の定彼女の名前は出てこなかった。

いつも一番で、はやてちゃんを喜ばしているのに。
シグナムたちが1分ずらした理由も、私が2分ずらした理由も意味をなくしてしまった。

適当な会話の後、受話器を置く
気がつけば怒りで唇を噛み締めていた。











家族とともに過ごす日はまったりしていて気持ちがいい……ハズなのに
どうにも煮え切らない気分だ。
本当はなんでか分かっているけれど、受け入れたくない。
どこかにいる意地っ張りな自分に嫌になる。

「あーもう!何なんよー!」

ベッドの上でごろごろと転がりながら叫ぶ。
いつもある一言がないだけでこんなにも不安になるのかと、胸を抑える。
忘れてしまったの?それとももう私のことなんかどうでもよくなってしまったの?

そんな負の感情と涙を抑えるようにぎゅっと丸くなって耐えた。







結局夜になっても何もなくて、とぼとぼと部屋に戻る。
家族団欒は久しぶりで楽しかった。なのに部屋の扉が重く感じてしまう。
真っ暗な空間に足を踏み入れるのが少し躊躇われた。

すると突然部屋に振動音が聞こえ、体がびくっと震えた。
近寄って手にとってみれば待ち焦がれていた人の名前。
恐る恐る通話ボタンに手を伸ばす。

「…もしもし」
「はやて?」
「……うん」
「あのね、ちょっと着替えて外に出てきてくれないかな?」
「なんでや」
「いいから」

結局言いたいことだけ言われ通話は終わってしまった。
なんなんや全く、なんて悪態をついても、フェイトちゃんに会えることが嬉しくて急いで着替えて外に出た。
もちろん少しは、いやかなり期待して。
だというのに

「はやて」

呼ばれて振り向けば、そのまま車に押し込められる。
有無を言わさず走り出した車に、私も無言で背をもたれさせる。
何も言わない横顔に悲しくなる。
どこか居心地の悪い空気に不安が大きくなって泣きそうになった。





たどり着いた先は浜辺
そのまま手をとり歩きだすフェイトちゃんに、私は我慢ができなくなって足を止めてしまった。

「なんで、言うてくれないんよ…?」

前を向いていたフェイトちゃんが振り返る気配がした。
でも私は涙をこらえるので精一杯で、顔を上げることができなかった。

「ごめんね。不安…だった?」
「……あたりまえやんか」
「うん…でも、ちゃんと理由があるんだよ」


ぎゅっと握った手が握り返される。
思わず顔を上げれば、紅い瞳に私が映っていた。

「今年は、とりがいいかなって思って。」
「とり…?」
「うん」

フェイトちゃんは頭を撫でて、いつのまにか溢れだした涙をすくってくれた。
私の問いに答えているのか答えていないのか、微妙にずれた解答に頭が混乱する。
その姿がおかしかったのかフェイトちゃんがクスりと微笑んだ。




「最初もいいけど、劇的な最後の方が想い出に残るでしょ?」



そう言うと、フェイトちゃんはポケットから小柄な箱を取り出した。
そのまま浜辺に膝をつき、私を見上げる。


「はやてお誕生日おめでとう。これ、受け取ってもらえますか?」


差し出された箱には、月明かりに照らされた銀色の指輪


「フェイトちゃんはずっこい」
「それはどうも。それで?」
「…ん」



差し出した薬指にするりと冷たい感覚が走った。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

アジル

Author:アジル
好きなことを好きなだけ!
そんなような形ができつつある今日この頃です。
絶賛亀更新中
何かあればツイッターまで

セラムン(まこ亜美)となのは(フェイはや)のSSあります
nib-makoami.gif nib-minarei.gif

リンクはほぼフリー

FC2カウンター
次のキリバンは35000です
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。