まこ亜美(セラムン)とフェイはや(なのは)を中心にSSやらを扱っています。 百合発言などがあるので、苦手な方はバックすることをオススメします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の防衛線

ひっさしっぶりー
あげたいのいっぱいあったんだけど、もーダメね


とりあえず一本線につながったのあげます
フェイはやだよ…?



[ジークフリート線]




見渡す限り真っ白な世界だった。
足元からざりっという音がする。下を向くと少しだけ砂埃が立っている。
どうやらここはグラウンドらしい。どこか見慣れたところがあるからたぶんこれは私の学校のものだろう。
空にはむき出しの太陽だけが煌々と照っていて眩しい。

ふと、正面を見ると先ほどはいなかった人影がある。
影は小さくかなり遠くにいるのかと思ったが、どうやらそうではないらしい。
良く見ればすぐにわかる人だった。

「はやてー」
「なーん?」

にこっと笑ったはやては4、5歳と言ったところだろうか。
小さな体で身の丈と同じくらいの木の枝を抱くように持っていた。

「何してるのー?」
「フェイトちゃんそこから動いちゃダメやよー」

私の問いかけには答えず、先ほどと同じような笑顔ではやては私に動くことを禁じた。
別段動きたいわけでもなかったので大人しく従ったが、一体何をしているのだろう。
体全体を使って一生懸命棒を動かしているのはわかるのだけれど、確認したくても遠すぎて良くわからない。

「はやて、何してるのー?」

遠い所為で声が伸びる。しかしはやてからの返事はなく、なんだか楽しそうにこちらに近づいてくるだけ。
熱中しているのだろうか。わからないけれど答えは返ってきそうにもないので大人しく待つことにした。

ざりっざりっ と砂を削る音がした。
気がつけば遠くにいたはやてが私の足元にきていた。
歪な線が足元を通過してゆく。
どうやらはやては大きな円を描いているようだった。

「ふん、ふん、ふふーん」

でたらめな鼻歌をご機嫌に奏でながら、はやては円を完成させた。
こちらを向いたはやてがなんだか眩しくて瞬きを一つ。
すると、そこには初めて逢った時のはやてがいた。
車椅子に乗って先ほどの円より少し内側に。


「はやてー何してるのー?」
「なんでもあらへんよー」

先ほどと同じ問い、先ほどと違うのは答えが返ってきたことくらいか。

はやては車椅子の二つの車輪を器用に使って円を二つ描いていた。
外側の円よりは綺麗に描けているけれど、やっぱりどこか少し歪だった。
時間は先ほどよりかからず、さりとて短いわけでもなく。
一番違っていたのは、はやてが楽しそうではなくなっていたことだろう。
こちらを見れば、多少笑ってくれる。けれど、下を向いて円を描いているその表情は少し陰っていた。

ようやく円をかき終わりはやてがこちらを向くと、今度は中学生の姿をしていた。


「はやてー」
「フェイトちゃん動いたらあかんよー」

今度はこちらの質問も聞かずに静止の言葉が投げられる。
なんだか反抗期のようだ。
なんてくだらないことを考えながら、はやてが円を描くのを眺めた。
だんだん円が綺麗になっていく。そしてだんだん円は縮まっていく。
円と円の間はまちまちで、成長していく分円が増えていくようだった。


次に現れた青い制服を纏ったはやてが始めの半分以下になった円を描きだす。
ぼーっと眺めているとあっという間で、こちらから話しかける暇もなくなりそうだ。
それでも私は、はやてに問いかける。明確な答えが返ってこないのを知っていても。


機動六課の茶色の制服を着たはやては、小さな動きで円を描いた。
大人びてるくせに、どこか子どもじみた光も垣間見える瞳がこちらをちらっと見た。
けれどそれも一瞬で、黙々と作業に戻りすぐに円を完成させてしまった。
現に、話しかけてみたが何も返ってこず、それは始めのとは違う明らかな拒絶だった。



そして、最後に現れたはやては青い制服に白いマント、伸び始めた髪を風に靡かせて立っていた。
私に背を向け、手の動きだけで円を完成させた。
半径1mくらいだろうか。ほとんど一人分という大きさの円の中、はやては一人で立っている。
その背中は何も言わない。けれど、拒絶の意を放っているようだった。


はやてが何重にも重ねたジークフリート線

一番初めの円は私のすぐ足元にある
越えることは簡単だけれど、はやてがそれを許してくれるかはわからない。


「でも、そろそろ私も動かなきゃだめだよね」

私だって、ただ指をくわえてみていたのではない
わざとはやてに聞こえるように言って、右足をその円の中へと踏み出した











夢というなんでもありの空間ではやての核心に触れる。
でも夢だから、これがはやての核心なのか、フェイトが勝手に思ってるだけなのかわからない。
どちらなんでしょうね

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

アジル

Author:アジル
好きなことを好きなだけ!
そんなような形ができつつある今日この頃です。
絶賛亀更新中
何かあればツイッターまで

セラムン(まこ亜美)となのは(フェイはや)のSSあります
nib-makoami.gif nib-minarei.gif

リンクはほぼフリー

FC2カウンター
次のキリバンは35000です
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。