まこ亜美(セラムン)とフェイはや(なのは)を中心にSSやらを扱っています。 百合発言などがあるので、苦手な方はバックすることをオススメします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うまい人は本当にわからない

リハビリ第2弾!!

フェイはや!
シチュはお好きに!

つづきからドゾ




「はやてはさ、どうしてそんなに隠し事をしたがるの?」




[隠しごと]





別に隠し事をしたくてしているのではない。
言えないだけ。言ってしまえば誰かを傷つけてしまったり、
誰かに責任が回ってしまったりと、迷惑がかかってしまう
だから、私が処理できるものは処理してしまうだけ。
終わったことを自慢する気もないので、それも言わないだけ。
無用の心配や恐怖を与えたくないから、一人で飲み込むだけ。

「別に言うほどのことちゃうからな」

へらりと言ってのけても、彼女の困り顔が戻らない
困り顔をさせたくないから言わないのに、言わないから困り顔をさせている
矛盾。

「せやかて、誰かがやらなあかんねん」
「だから、言ってくれれば私だって…」
「私一人で、なんとかなんねん」

なんとかする、が正しいのかもしれないけれど
上からのねちねちした攻撃に、いちいち人員を割けるほどの余裕もない
書類仕事なんか特にそうだ
こんなことは私が処理してしまえばいいものなのだ

「けーっきょく、確認せなあかんしなぁ。そんなら、最初から私がやってまえば手間が省けるっちゅーもんや」
「そういう問題じゃないよ」

それでも口を尖らせて抗議する、ハラオウン執務官
彼女も負けず劣らずの仕事持ちのクセして
私のこういうところにはいつも文句を言うのだ

「どっかの執務官殿よりは少ないけどなぁ」
「そんなことないよ!それに…」
「?」
「仕事のことだけじゃないよ」


上からの嫌味、周りからの圧力
作戦の裏側、取り巻く環境のこと

「肝心なことはいっつも教えてくれないじゃない…っ」

後ろからきゅっと抱きしめられる
苦しそうに呟かれた言葉に、顔を俯けるしかなかった
だって、それしか私にはできないから
それが、私にできることだから

「ごめんなぁ…」

呟くように口から洩れ出た言葉

何に対して謝っているのか
自分にもわからなかった


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

アジル

Author:アジル
好きなことを好きなだけ!
そんなような形ができつつある今日この頃です。
絶賛亀更新中
何かあればツイッターまで

セラムン(まこ亜美)となのは(フェイはや)のSSあります
nib-makoami.gif nib-minarei.gif

リンクはほぼフリー

FC2カウンター
次のキリバンは35000です
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。