まこ亜美(セラムン)とフェイはや(なのは)を中心にSSやらを扱っています。 百合発言などがあるので、苦手な方はバックすることをオススメします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居場所

珍しく短い期間であげていきます
まこ亜美家族もの

自分でいうのもなんですが
この家族、絶対ほほえましいと思う


続きからドゾ




「お疲れ様です!」
「はい、お疲れさまー。今日のこと、気にしちゃダメだよ」
「はい。大丈夫です」


大丈夫、なんて元気な振りをして返したけれど、帰路に就く足取りは重い
別段失敗した、というわけではないのだけど。
妙にいちゃもんをつけられてしまったり、それによって周りに迷惑が掛かってしまったり、
なんて接客業であればそれなりに起こり得ることが起こっただけ。
普段ならば気にしないのだけれど、ここしばらくはそのようなお客さんがいなかった所為か

「うーん 結構きてるなぁ」

思わずぼやいてしまうほどには気にしてしまっている
とぼとぼと階段を上り、ノブに手をかける
今日はお菓子をたくさん作ろう。うん。それがいい
みんなが喜ぶ自分流ストレス発散法。最近あまり作ってなかったしきっとうさもみなも喜ぶぞ
空元気を体に満たして我が家の扉を開けると、廊下を隔てた向こう側で座っているうさと目があった

「ただい、ま…?」

目がまん丸く見開かれたあと、突然くしゃっと歪んだ
そう思ったら今度は目もほっぺも真っ赤にして、ぽろぽろと涙を零しだすから
慌てて靴を脱ぐ。焦っているから片足が引っかかってなかなか抜けない。
力づくで引っ張っていると、両手を広げたうさが泣きながらこちらに走ってきていた

「ぱ、ぱっ…」

靴が脱げず、仕方なく膝立ちで迎えると、首に小さな手をうんと伸ばして抱きついてきた
少し距離がある所為かしっかり交差させることができなくて、項あたりにぺったりくっついてるのが妙に危なっかしくて
しっかり腰を支えてやる。
ぎゅっとしがみ付かれた首の横でぐすっと鼻をすする音が聞こえた

「うさ。うーさ。ほら、どうしたんだい?」

落ち着くようにぽんぽんと背中を叩いてやる
泣いている所為でいつも以上に高い体温が掌から伝わってくる
しばらくそのままにしていると、泣くことに疲れたのだろう
だんだんと呼吸が穏やかになってきたところで、残りの靴を脱ぎうさを持ち上げる

「うさ、ママは?」
「みなとお買いもの」
「留守番してたのかぁ」

リビングに向かうと、うさが座っていた箇所に絵の描かれた紙が置かれていた
一人のさみしさを我慢していたのか、塗られている箇所は力が籠りすぎて、皺になってしまっていた
破れてしまっている箇所もあって…あー掃除大変だ

なんて漏れでる苦笑いをかみ殺そうとして、はっとする
もしかしなくても、うさはこの家に来てからひとりきりになったのは初めてなのではないか

「うさ」

一人になるのは怖い
それは私も亜美ちゃんもよく知っている
いろいろな不安が体中にじわじわと広がっていくのだ
いつもの温かな場所が一瞬のうちに冷たい空間になって
何かに襲われるような、押しつぶされるような、逃げてしまいたくなる感覚
それに涙一つ流さずに耐えていたなんて


「よく、がんばったね」

きゅっと締め付けられる想いのままに震える小さな体を優しく抱きしめる。
少し苦しかったのか、首に埋めた顔がちらりとこちらを見た
柔らかそうなうさの頬にすり寄れば、先ほどまでの泣き顔が解かれていくのがわかる

「ぱぱ、くすぐったい」

くすくす笑うその表情がもう悲しくないと伝えてくれる
その笑顔をみているとなんだがこちらまで笑顔になって、帰るまで抱えていたもやもやもなくなっていた
もしかしたら、うさが二人分の涙を流してくれたのかもしれない

「うさ、一緒にお菓子、つくろう?」
「おかし?」
「そう。いっぱい作ってママたちをびっくりさせよう?」

つらい思いや悲しい思いではなくて、楽しくて嬉しい思いを込めてつくろう
その方が、何倍も何十倍もおいしくなるから

「うん!」

嬉しそうに笑うその目元に光る滴を一払いして
まずは顔を洗わなきゃね、なんて赤くなった眼に向かって微笑んだ



スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/10/26(日) 21:58 | | #[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

アジル

Author:アジル
好きなことを好きなだけ!
そんなような形ができつつある今日この頃です。
絶賛亀更新中
何かあればツイッターまで

セラムン(まこ亜美)となのは(フェイはや)のSSあります
nib-makoami.gif nib-minarei.gif

リンクはほぼフリー

FC2カウンター
次のキリバンは35000です
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。