まこ亜美(セラムン)とフェイはや(なのは)を中心にSSやらを扱っています。 百合発言などがあるので、苦手な方はバックすることをオススメします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちぐはぐ 2

1の続き



クイーンは言った
あなたたちも使命から解放しましょう と

それはいったいなんだったのだろうか

別に私たちは救ってほしいとは言っていなかった
使命を苦とも思っていなかった。
プリンセスを守りたいと心底思っていたのだから、そんなこと微塵も思わなかった
それが幸せだと信じて疑っていなかったし、今だって間違っていたとは思っていない

だから正直、少し腹立たしかったのかもしれない

どうしてそんなことを言うのかと

それこそが、戦士として生を終えようとしている私たちへの侮辱だと

先代たちが守り抜いてきたこの星を王宮を守れなかった忸怩たる想いを抱いて
消えていかねばならぬ憤怒に、さらに追い打ちをかけるだなんて

だから、最初で最後の反発だったのかもしれない

ささやかな願いを叶えようと告げられた心の中で
そんなものはない、と叫んだのは


でも、そんな嘘さえも見抜かれているのだから
クイーンはいつだって臣下のことを気にかけてくださっていたのかもしれない
いや、そんな忠臣だからこそ、自分を中心とした願いを抱いてほしかったのか
今となってはそれすらも知る由もないこと


そうして私たちは転生した
その先で、心のどこかで願っていた
ありたい姿を映した姿に


冷静な精神に隠された情熱の心を
強靭な体を守り抜くための剛腕と勇士によって消された繊細さを
より多くを救いたいと願うあまりに捨てられた柔和な感情を
そして、誰よりも現実を見るために見えなくなった明日を夢見る心を





けれど、私の魂は、覚えていたのだろう
リーダーとして、この忸怩たる想いを忘れてはいけないと

そうして転生した私は
他の誰よりも早く、前世の記憶を蘇らせた

今度こそ、プリンセスを守るために










「誰が一番、記憶を残そうって思うか…美奈子ちゃんだってわかるでしょ」


何気ないやり取りの間にポロリと零された言葉。
お気に入りのパフェの最後の一口が突然味を失って、ただただ喉を通り過ぎるのを感じた。

唐突に感じられる言葉だけれど、先ほどまでのやり取りがあれば誰だって考え付く。
というより、言われて頭を抱えた
そうだ、そんなこと考えるまでもなかった

誰よりも先代の想いに触れて、誰よりも優しい心を持ったマーキュリー
そしてその近くには、誰よりも記憶を残しておかなくてもいいと思っていたジュピター

「よりによって…」

悪態をついたところで、亜美ちゃんは苦笑いを返すだけ
ヴィーナスが、使命の記憶を強く残していたように、マーキュリーはより多くの記憶を残そうとした
歴代の戦士たちが残したものに一滴も無駄はないと、詰め込んだ知識を継承したいと。
より身近にいた想い人が頓着していないのであれば、それは尚更強く感じてしまっただろう。
けれど、それが記録でなく記憶ということは、その知識を習得したときの感情だったり思考だったりも残してしまうということ。
そんな膨大な「マーキュリー」の記憶が、毎日少しずつ「水野亜美」の中に増えていくのだとしたら。

「冷たいと、感情を出せないと悩んでいたマーキュリーに、感情が戻ったとしたら」
「美奈子ちゃん?」
「どうなると思う?」

もともと感受性の強い子だった
一人ひとりの悲しみを感じ取ってしまって、何度も軍師に向いていないと頭を抱えて
そうして出した結論が、感情の排他だった

それが戻ってきているということ
ううん。感情を得たその身体に捨てなければ持ちきれなかった記憶が戻るのだとしたら
それは

「亜美ちゃん、たぶんこのままだと引っ張られてしまうわ」

ただでさえ曖昧な、記憶と意識の狭間
私が誰なのか、あれは私なのか
ぐちゃぐちゃな思考の中に、安定を見つけたら
感情を排他できるほどの強い意志を持っていたマーキュリーを見つけてしまったら
きっとそこに縋ってしまう

想いが強ければ強いほど、希薄な想いは消されてしまう


「でも…どうしようもないもの」


今にも消え入りそうなその表情

それすら

もう、亜美ちゃんのものなのか曖昧だった
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

アジル

Author:アジル
好きなことを好きなだけ!
そんなような形ができつつある今日この頃です。
絶賛亀更新中
何かあればツイッターまで

セラムン(まこ亜美)となのは(フェイはや)のSSあります
nib-makoami.gif nib-minarei.gif

リンクはほぼフリー

FC2カウンター
次のキリバンは35000です
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。