まこ亜美(セラムン)とフェイはや(なのは)を中心にSSやらを扱っています。 百合発言などがあるので、苦手な方はバックすることをオススメします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先があるのなら

悩んだ このまま没倉庫行きにしようか迷ったんですが 出します
前世パレス崩壊前です




[立場]





「…何あれ」

マーキュリーの戦闘を見たときはゾッとした



眼に光が無いのだ
虚無をみているような、冷たく暗い蒼を宿している


マーキュリー自身が自己の防衛としてやったことだろう
本人に自覚はないはずだ


戦場から離脱した後、光が戻ってきていることから見てもそれは確かなことであろう








いつからか、なんて簡単に見当がつく










『人』を斬ってから











四守護神全員がここ最近体験した、生々しい死の感触










ブレーンといえども戦場に行かねばならぬこともある。
ヴィーナスから見れば、あのジュピターと同じくらい戦場にいるのではないかと思えるほど
最近は戦場を飛び回っている







マーキュリーの持つ水刀は一振りで息の根を止める



被害を最小限に抑えるために、兵に余計な負担が掛からないように
優しい彼女の気持ちの具現化

けれどそれを振り回す瞳は狂気の光だけを宿すのだろう

そう言いきれるほどに、冷たく暗い









ジュピターがしきりにマーキュリーが戦場に出ることに反対していた理由がやっとわかった



このままではいずれマーキュリーは自身が生んだ深い闇に取り込まれてしまうだろう


そうなってしまえば止められるものはいない。
いや、プリンセスならば止められるだろう




「むしろジュピターの方が妥当かしら」




あのマーキュリーが心を開ききった相手
それならば可能性はある







しかし、それよりもまず未然に防ぐべきであろう


彼女を狂気へ走らせるなど誰もさせたいとは思わない






「リーダーとして命ずる。マーキュリーは今後特別なことがない限り、戦場にて戦闘をすることを禁ずる」







これを公私混同と彼女は言うだろう。



けれどそれは最初からなのではないだろうか

そもから公しかない私たちに、今更私を説いても意味がない
私すらも公となっているのだから







マーキュリーを狂気に走らせたくない



けれどその想いだけで止めることは出来ない
立場が、使命がそうさせない






だから、命令として、使命のためという言い訳を盾にして


マーキュリーも、そして自分さえも偽る






けれどジュピターは盾を一切使わなかった
立場などという壁が初めから見えていないかのように




ただただマーキュリーを守りたくて
その想いだけで行動できる彼女が羨ましい





それでも、マーキュリーを止める理由を聞いたとき答えられなかったのは
彼女の中にも確かなものとして使命があったからだろう


この緊急時に理由もなしにブレーンを外すことは容易ではない
個を優先するなんて尚更。何よりマーキュリーがそれを承諾しない

彼女も理解していたからこそ口に出せなかったのだ









使命というしがらみ

皆、自ら望んで抱いたはずなのに
気がつけばそれに縛られていたのだろうか










いや、そんなことはない
今までならそう言えただろう



けれど、今のヴィーナスには自信を持って否定することができない












だから


もし、もし次があるのならば




立場や使命など関係なく仲間と在りたい





今度こそ自分の意志で
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

アジル

Author:アジル
好きなことを好きなだけ!
そんなような形ができつつある今日この頃です。
絶賛亀更新中
何かあればツイッターまで

セラムン(まこ亜美)となのは(フェイはや)のSSあります
nib-makoami.gif nib-minarei.gif

リンクはほぼフリー

FC2カウンター
次のキリバンは35000です
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。