まこ亜美(セラムン)とフェイはや(なのは)を中心にSSやらを扱っています。 百合発言などがあるので、苦手な方はバックすることをオススメします。

気分は真夏

年終わりもいつも通りで





[いつまでもずっと]







「もうすぐ年が明けるわね」


年越しの夜
母親の夜勤を理由に泊まりに来てくれた彼女を腕の中に納めて除夜の鐘を待つ


「ほんとによかったのかい?」

「ほ ん と よ」


何度目の問いかけだろう
亜美といられるのはとても嬉しい。けれど母親との時間を大切にしている彼女が無理に時間を作っているのではないかと心配になる


「私がまこちゃんといたいって思ったからここにいるのよ。ね、わかって?」


子どもに言い聞かせるような口振りに苦笑いがこみ上げる


「うん。わかってはいるんだけどさ」


やっぱりちょっと心配なんだよ
彼女の優しさに寄りかかっていいものなのかどうか







「あ、除夜の鐘が鳴ってるわ」


話を遮るように今年の煩悩を打ち消す鐘の音
待っていた筈なのに言われるまで気づかなかった。これでは消えなかった煩悩があっても仕方がない



「108つじゃあ亜美ちゃんへの煩悩は消せないよなぁ」


さっきまでの暗い空気を飛ばすべく、少しちゃかした、意地悪めいた響きで答える



「あら?私への気持ちはまこちゃんの中では煩悩に属するのかしら?」


と予想に反して亜美も負けじと答える。
彼女いわく、美奈子ちゃんに鍛えられたとのことだ



「あってると思うけどなぁ。だって心の欲望も煩悩に入るでしょ?」

「っ…確かにそうだけど……」

「こんなに好きなんだもん!108つごときじゃぁ消せないよ!!」


自信満々に拳を握り締めてみせると、亜美は赤くなった頬を押さえながらきょろきょろと眼を泳がせる
普段は言いくるめられることも多いけれど、こういうときは負けた覚えがない






「そういうとこが可愛いんだよ」


やや下から見上げる亜美の額にコツンと額をくっつける


「もう…からかってるの?」


困り顔の上目遣いで問いかける亜美
そんな顔も可愛いんだよ、とはさすがに言わなかったが



「あはは!ほら、もうすぐ年が明けるよ」

「まこちゃん!誤魔化さないで!」


「いーじゃん!亜美ちゃんが可愛いんだからそれで」

「ちょっ…どうしてそうなるの!?」




鐘が鳴り終わるまで後少し

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

アジル

Author:アジル
好きなことを好きなだけ!
そんなような形ができつつある今日この頃です。
絶賛亀更新中
何かあればツイッターまで

セラムン(まこ亜美)となのは(フェイはや)のSSあります
nib-makoami.gif nib-minarei.gif

リンクはほぼフリー

FC2カウンター
次のキリバンは35000です
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ