まこ亜美(セラムン)とフェイはや(なのは)を中心にSSやらを扱っています。 百合発言などがあるので、苦手な方はバックすることをオススメします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨界点突破

やってしまった…煮詰まるほどおかしくなってしまいますね
若干美奈レイ…かな?






「まっまこちゃん!?」


いつも通りの通学路に不自然なものが存在した







[獣化]









「どうしたんだい?美奈子ちゃん」

「どうしたってまこちゃんのほうよ!犬耳なんてつけて!」


これからまことも学校にいくはずなのに
犬耳にしっぽ、おまけに首輪までぶら下げているのだ。普通は驚く


「何言ってんだい?そんなもんついてないだろ」

「はい?だって首輪まで…」


指差した首輪の場所をまことが見ても「なにもないじゃないか」と返される

見えて……ないのだろうか…?



呆然と立ち尽くしているとまことは黙って歩き出してしまった。
慌てて後を追いかけるとY字路のようなところで亜美が待っていた

こうなれば亜美ちゃんに同意を求めるしかない、とまことの後ろから顔をだすと



「亜美ちゃんもなの!?」



頼みの綱の亜美までもが猫耳にしっぽという格好をしていた。
一瞬背中と両肘のあたりにヒレが見えた気もするけれど


「美奈子ちゃんどうかしたの?」

「いや、亜美ちゃん…しっぽついてる」


言ってみたところでまことと同じ反応を返されてしまった。
仕舞いには「いつものちゃかしだ」なんていわれる始末。
いつもとはなんだ。いつもとは。


どうやらこの耳やらしっぽは自分にしか見えていないようだ。



「心の姿ってやつかしら」


こうしてみればまったく違和感なく着いていると言うか。

でも本当に見えてないのだろうか
まことのつけている首輪の先は亜美がしっかりと握っているのだ。



「見えていないのか、気にしていないだけなのか……う~ん」


「美奈子ちゃ~ん。置いてかれるよ?」


といつの間にかうさぎが来たようだ。
振り向くと…兎の耳が着いていた。


「……それは流石にまんまなんじゃないデスカ?」

「なにが?」


「ま、いいや」と言い、スキップして去っていくうさぎを
あぁ そこらへんも兎みたいだねとボーっと考えながら見送る


この調子だと町の人すべてがこんな感じなのかもしれない



ならばレイも?
あのツンデレちゃんが?
なら猫しかないでしょ!
というか猫でなくてなんだと言うんだっ!!
見たい!見てみたい!


ぷぎゃーっと暴走を始める思考が、このままこの道を引き返そうか本気で悩んでいると



背後から声がした






「あんた何やってんのよ。遅刻するわよ」




聞きなれた声。聞こえるはずのない声。
どうしてここにいるんだとか、通学路違うでしょ、とか考える前に


レイちゃんの猫耳が見れるっ!








そう思って振り返ると




























眼が覚めた








「まさかの夢オチっっ!?」



ベタ過ぎる
なんか景色とか人とか切り替わったりしてたからわかってはいたけど

わかってたんだけどベタ過ぎる





夢で良かったと思うけど





「せめてレイちゃんの猫耳が見たかった…」





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

アジル

Author:アジル
好きなことを好きなだけ!
そんなような形ができつつある今日この頃です。
絶賛亀更新中
何かあればツイッターまで

セラムン(まこ亜美)となのは(フェイはや)のSSあります
nib-makoami.gif nib-minarei.gif

リンクはほぼフリー

FC2カウンター
次のキリバンは35000です
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。